新郎の衣装のこと

新郎の和装の基本は男性の礼装である紋付袴です。
紋付袴は色や家紋の数によって格の違いがあるので、シーンや新婦の衣裳に合わせて選びます。

黒紋付(五つ紋)

五つ紋の黒の羽織と長着(着物)に、仙台平の袴を合わせるのが男性の第一礼装である「黒紋付」です。
挙式などのフォーマルな場面に間違いのない衣裳です。
新婦の白無垢や打掛など、格調高い衣裳と組み合わせるなら黒紋付がおすすめです。

新郎に限らず、父親や仲人も着用できる衣裳ですが、羽織紐や半襟、草履の色が異なるので全く同じにはなりません。
若い新郎は、袴の縞の幅が広いものを、年配の父親や仲人は幅の狭いものを着用します。

色紋付(五つ紋、三つ紋など)

白や色の羽織袴も新郎衣裳としてよく着用されます。
変わり織や地紋入りなどの羽織・長着や、色もの、グラデーションの袴など、バリエーションも豊かになっています。
過去にはお色直しなどでよく着用されましたが、五つ紋が入っていれば、挙式で着用してもよいでしょうし、新婦が洋髪などのアレンジされたコーディネートで和装を着るのであれば、新郎も少しカジュアルダウンしたほうがバランスがよい場合もあります。

関連記事

PAGE TOP